English/日本語
title

Profile


Maco / 波多誠子

2000年 未来路micro工房主催

独自の世界観を提唱し続けているネイチャーライティングアーティスト。
オーストラリアと日本でスキュダーダイビングのガイドや、美容・服飾を経た後、植物(ほおづき)や和紙など天然素材であかりを創作。
シンポジウムやコンサートステージ、ウェディング、レセプション、フェスなど様々な空間を灯す。
ホテル、店舗空間、新潟震災地鬼灯植苗、戦後60年企画展、奈良平壌遷都1300年祭プレ空間プロデュース、 世界遺産元興寺奉納灯、個展、ws等。 光療法を提唱。 
http://www.microkoubou.jp



groundcherry

鬼灯(ほうづき)・和紙・卵の殻などの自然素材で創作した灯りによって 環境フォーラム・結婚式・コンサート・奈良平城遷都1300年祭プレ・RSR・各種イベントなど様々な空間を演出する傍ら 老人施設,戦後60年企画展,新潟震災地ほうずき苗贈呈,世界遺産元興寺にて奉納灯などを行う。
また、現代アート作家として高野山や日本各地で個展ツアーを開催し、作品は海外へも好評である。
インスタレーション、ワークショップ開催 T.V(nhk)・新聞・ラヂオ・雑誌など、 メディアにも出演している。

子供の頃から自然と親しんだ生活を過ごしてきた私は
成長とともに海の世界へ惹き込まれていった。
海の中に地上とおなじ世界があると知った時のことは
今でもはっきりと記憶している。
海からあがった私は音楽の世界へ、そして山の世界へ惹かれていった。
音は浄化と喜びと祈りを、自然は智恵を与えてくれる。
自然と音楽、そこから私の灯りは生まれた。

Exhibition

2002年 9月
個展
「光と自然展」
〜ありがとうから…始めたい〜
2002年11月
個展
「光と自然展Vol.2」
〜ありがとうから…始めたい〜
2005年11月
グループ展
「華やかな作家たち」
2005年11月
個展
「tuktuk」
〜tuktukはアイヌ語で草木が伸びるという意味〜
2005年12月
企画展
「理由無き虐殺の跡」
〜戦後60年の日本、61年前のフランスオラドゥール村〜
2006年6月
グループ展
「華やかな作家たちvol.2」
2006年10月
グループ展
「秋 であい展」
2007年4月
二人展
『森の春』展
2007年5月
グループ展
House展『華やかな作家たち』
2008年12月
個展
『JAPANISM-NEO 08'』
http://fotologue.jp/rollhead
2009年10月
個展
*MACO HATA Exhibition '09『共鳴空間』
- espace de resonnance - space resonance -
2010年3月
個展
*MACO HATA Exhibition '10『共鳴空間 vol.2』
- espace de resonnance - space resonance -
2011年3月
個展
*MACO HATA Exhibition '11
- hikari + mizu - まほろばのあかり
2011年6月
個展
*MACO HATA Exhibition '11『共鳴空間 vol.3』
- espace de resonnance - space resonance -
2012年10月
個展
*MACO HATA Exhibition '12『共鳴空間 vol.4』
- espace de resonnance - space resonance -

MicroKoubou Access Map

map

地下鉄 東西線28丁目駅から徒歩20分
山の手通り沿いロッテリアを札幌方面からは右折、小樽方面からは左折で50m

Micro-logo
郵便番号063-0001
北海道札幌市西区山の手1条6丁目1-3
E-mail maco@microkoubou.jp
TEL:050-1463-4019
FAX:011-611-7593
Δ Back to pagetop Δ